渋谷、原宿の洋服のお直し工房 YourStyle(ユアスタイル)は、パンツやスカート裾上げ、コートやジャケットの袖丈リフォームなど洋服のお直し専門店です。

トップ > お直しの事例 > 裾上げ
お直しの事例
裾上げ
デニムのリペア
シャツ・Tシャツ・
ジャケットのリペア
洋服のお直し、裾上げ、リフォームは渋谷、原宿のユアスタイルにお任せください。03-3461-0196

洋服のお直し、修理、リフォーム、裾上げ等の事例

スラックスの裾上げ
基本的には裾は、前裾が「く」の字を描き、若干のくぼみが出来るくらいの丈(ハーフクッション)が良い。
靴のデザインとバランスにより、長さは変わります。
シングル|基本的な裾の仕上げ
シングル|基本的な裾の仕上げ

基本的な裾の仕上げ。
フォーマルシーンではこの裾上げにしましょう。
もちろんビジネスにも問題ありません。

ダブル|ビジネスシーンにおいて一般的な仕上げ
ダブル|ビジネスシーンにおいて一般的な仕上げ

ビジネスシーンにおいては一般的な仕上げです。
ダブルの折り返しは別名「かぶら」とも言います。
折り返しの幅は3.5〜5センチが基本です。

カジュアル(チノパン、ジーンズ)の裾上げ
タタキ|カジュアルな糸の見える仕上がり
タタキ(ステッチ)仕上げ

カジュアルの基本的な、糸目が見える仕上がり。
ほつれにくいのが利点です。

チェーンステッチ|ビンテージジーンズによくあう仕上げ
チェーンステッチ|ビンテージジーンズによくあう仕上げ

ビンテージジーンズによくある仕上げ。
縫い目がチェーン(鎖)のように繋がっている
縫製仕様のことをいいます。
履き込んでいくたびにビンテージっぽいアタリが出ます。ステッチよりもよりほつれにくいです。

ダメージ残し(つきあわせ)|ジーンズの裾野ダメージを移植する仕上げ
ダメージ残し(つきあわせ)|ジーンズの裾野ダメージを移植する仕上げ

ジーンズの裾のダメージを移植する仕上げ。
「貼り付け」、「挟み込み」の2種類の手法があり、
「貼り付け」は元のステッチを解かずに、内側の縫いしろを上に倒して生地に近い色の糸で止めます。
元のステッチ糸を残したい方にオススメです。
「挟み込み」は裾と本体を文字通り「挟む」仕上げです。ロールアップして履きたい方にオススメです。

裾の後ろ側を1〜1.5センチほど長くする仕上げです。そうすることにより、脚長効果が期待できます。

前からと後ろからの見え方の異なる仕上げです。
このような特殊なデザインにも対応致します。